本文へスキップ

本校は,視覚に障害のある方のための学校です。

電話・FAXでのお問い合わせはTEL.082-229-4134
FAX.082-229-4136

〒732-0009  
広島市東区戸坂千足二丁目1番4号

L

寄宿舎の感染防止対策について

1 健康管理について
・風邪の症状(発熱,咳,鼻汁,咽頭痛,頭痛等)がみられる生徒,教職員については自宅で休養すること。
・生徒は保護者等の協力を得て,登校前に検温,体調不良の有無,同居家族等の体調不良の有無を「健康観察カード」に記録し,毎日,学校に提出する。寄宿舎においても毎朝の健康観察を行い体調把握に努める。
・発熱の症状がみられた場合は,保護者連絡し安全に帰宅させる。

2 手洗い
・外から寄宿舎に入るとき,トイレの後,食事の前後など手洗いを行う。手を拭くタオルやハンカチは個人持ちとする。
・基本的には流水と石けんで手洗いを行う。流水での手洗いができない場合は,アルコール消毒薬を使用する。
・手洗い後にアルコール消毒を行う場合は,手指の水気をしっかり拭き取ること。手指が濡れている場合はアルコール消毒の効果が薄れる。
・石けんやアルコールに過敏に反応する場合は,流水でしっかり洗うようにする。

3 換気
・可能な限り,常時,2方向の窓を同時に開ける。必ずしも窓を大きく開ける必要はない。エアコン等空調は室内の空気を循環しているのみで,室内の空気と外気の入れ替えを行っていないため,空調使用時においても休憩時間に換気を行う。食堂,寄宿舎の食事室は,異物混入等防止のため窓を開けられないことから,換気扇を回しておく。

4 マスクの着用
・外出時,屋内にいるとき,会話をするときは症状がなくてもマスクを着用する。マスクの色や柄は問わない。

5 共用物品の感染症対策
・共用の物品などは消毒を行う。
・共用の物品などを触る前後で手洗いを行うよう指導する。

6 消毒について
 ○寄宿舎内の消毒
  @使い捨て手袋をつける。
  Aタオル(ペーパータオル)に次亜塩素酸ナトリウムをしみ込ませ
   る。
  B手すりやドアノブなど手を触れる場所を拭く。
  C消毒した場所を水拭きする。(腐食を防ぐため。)
  D使い捨て手袋を外し,石けんで手洗いをする。
  E使用済みのペーパータオルと使い捨て手袋は,ビニール袋または
   紙袋に入れて,口を縛って捨てる。

 ○トイレの消毒
  @使い捨て手袋をつける。
  Aペーパータオル(トイレットペーパー)に次亜塩素酸ナトリウム
   をしみ込ませる。
  Bドアノブ,蛇口,洗浄ボタン,洋式トイレの蓋裏や便座などを拭
   く。
  C消毒した場所をペーパータオルで水拭きする。(腐食を防ぐた
   め。)
  D使い捨て手袋を外し,石けんで手洗いをする。
  E使用済みのペーパータオルと使い捨て手袋は,ビニール袋または
   紙袋に入れて,口を縛って捨てる。トイレットペーパーを使用し
   た場合はトイレで流す。ペーパータオルは流さないこと。

 ※注意点
  ・消毒をする際は,換気を行う。
  ・消毒をする箇所が濡れている場合は,水気を拭きとってから消毒
   する。
  ・ペーパータオルなどで拭き取るときは,必ず一方向で二度拭きは
   しない。
  ・消毒後は丁寧に手を洗う。

7 その他
・喉の乾燥を防ぐため,休憩時間ごとにこまめに水分補給やうがいを行う。
・手荒れや乾燥によりウイルスが付着しやすくなるため,クリーム等つけて保湿する。





 寄宿舎では,生徒が安心安全に過ごすことができるよう様々なことに取り組んでいます。

     
 舎生がソーシャルディスタンスの間隔をつかむため,段ボールで適切な距離が分かる教材を作りました。
     
     
 消毒用のペーパータオルや使い捨て手袋などを捨てるために多数の袋が必要となるため,新聞紙で袋を作っています。 
     
     
 多くの人が手を触れる箇所であるドアノブ,手すり,スイッチなどを消毒しています。


 

広島県立広島中央特別支援学校広島県立広島中央特別支援学校

〒732-0009
広島県広島市東区戸坂千足二丁目1番4号
TEL 082-229-4134
FAX 082-229-4136