このページでは、JavaScriptを使用しています
フェアプレイスクール2018の様子 No.1
 平成30年11月22日(木),公益財団法人日本スポーツ協会が実施する「フェアプレイスクール」のトップアスリート講師として,リオデジャネイロパラリンピック日本代表,柔道60キロ級(視覚障害)銀メダリストの廣瀬 誠さんが来校されました。
 フェアプレイエピソード作文を3名の児童生徒が発表し,廣瀬から講評していただきました。また,フェアプレイ講義と体験授業では柔道の技も見せていただきました。投げ技では畳の音が響き,迫力が伝わり,児童生徒が一斉に「オー」という驚きの声をあげました。また,リオデジャネイロパラリンピック銀メダルを触らせていただき,振ると音が出ることを知って感動を新たにしました。

フォントなどの変更 ハイコントラスト版に変更する ブルーコントラスト版に変更する ワインレッド版に変更する フォントサイズを元に戻す フォントサイズを大きくする

廣瀬 誠先生

パラリンピアんの
      廣瀬 誠先生の講演

小学部児童代表作文発表

小学部
      児童代表作文発表

中学部生徒代表作文発表

中学部
     生徒代表作文発表

高等部生徒代表作文発表

高等部
     生徒代表作文発表

説明を受ける児童生徒

柔道の技の説明を受ける
       児童生徒

教員とのデモンストレーション 一本背負い

教職員とのデモンストレーション
      一本背負い